勉強中に音楽の影響とは?「ながら勉強」の注意点

知識

こんにちは かなた です。
この記事では勉強中に音楽を聴いてもいいのか?
そしてその注意事項について説明します。

実際に「ながら勉強」をしているもしくは、
していた方は多いのではないでしょうか?
ぜひメリット、デメリットを知って
自分で判断して勉強しましょう。

筆者は「ながら勉強」をしていた

僕自身も音楽が大好きで勉強中に聞いていました。
やはり音楽を聴くことでやる気が出たり、
長時間の集中に繋がっていたという気もしますし
それにより毎日勉強ができていました。

ただ、結構な時間勉強をしてても内容がスカスカ。。?
なかなか1点集中できない!このままの勉強方法で
本当に大丈夫なのか?と一抹の不安がずっとありました。

音楽を聴くメリット

「音楽を聴きながらの勉強で集中力が低下する」と思う方も多いでしょう。
ということで、まずは音楽を聴くことで得られるメリット
良い効果についてお伝えしたいと思います。

1.モチベーションが維持できる!

自分の大好きな曲を聴くことには、気分を高揚させる効果があります。
これは脳が快楽物質「ドーパミン」を分泌するためです。
なので、勉強をしなければならないというマイナスの感情
これを、音楽を聴くことで気分転換し
勉強ができるくらいのモチベーションを維持したまま
勉強を行えるようになります。
また、音楽を聴くことで脳の働きが回復するため
眠気覚ましの効果やヒーリングの効果も得られます。

2.雑音をシャットアウトできる

普段勉強していて、周囲の音が気になり
集中力が低下または、気がそれる
なんてことはよくありますよね?

この効果を発揮するにはイヤホンやヘッドホンなど
耳に密着するような機器がおすすめなのですが、
しっかり、音が遮断されて
自分にとっての集中できる環境作りへと繋がります。

このようにある音がほかの音によってかき消される
ことを「マスキング効果」と言います。
雑音が気になってどうしようもない人には、おすすめの方法ですよ。

3.リラックスして学習に取り組める

自分の大好きな曲を聴くことには 、
当然リラックス効果がありますよね。
こちらも勉強に活かせます。
先程「 1.モチベーションが維持できる! 」同様に
こちらも脳から快楽物質「セロトニン」が分泌されるためです。

その効果はリラックスです。
上記3つを読んでいただければわかると思いますが、
これによって自室だけではなく、
学校やカフェなどの公共の場所でも
自分に合った自習スペースができちゃいます。

科学的根拠では?

いままでメリットについてのみを説明してきましたが
科学的観点から考えたらどうでしょう?

結論「悪影響を及ぼす

「えっ?」と思った人も多いでしょう。
だってずっとメリットしか見ていないし、
あんなに良い効果が多いのに!と。
ただ、やはり悪影響が多いそうです。

例えば「全く同じ能力をもつ2人の人間」がいたとします。
「1人には音楽を聴いて勉強」そしてもう一人には
「無音の空間で勉強(環境音あり)」
このとき同じ時間、同じ量の勉強をしました。
このような対照実験をしました。

どうなったでしょう?

音楽を聴きながら勉強をすることで、
聴いていないときと比較して
記憶力が2~3割低下したという実験結果でした。

このようにデメリットもあることを
しっかり理解して、今後どのように学習に取り組むか考えてください。

注意事項

音楽の種類によってはメリットの効果がデメリットを
超えることがございます。
それは、クラシック、ジャズミュージックそしてヒーリングミュージック
この3種類の場合です。
このような歌詞のないリラックス効果の高い音楽は
集中力の分散無く聴けるために、
ほとんどデメリットになりません。

そして更にすごいものがございます。
メリットしかないがあるということです!
「最初から言えよ」と思いましたか?
すみません。。
しかし、これは「音」であり「音楽」ではないので
最後に紹介しておりますのでご了承ください。

それは、環境音です。
聞いたことがある方も多いのではないかと思います。
例えば焚き火の音や、水のせせらぎなど
ぜひ開いて聴いてみてください。
少し聞くだけで心地良いです。

本当に最後の注意点にして重要です。
音楽や環境音のある環境に慣れすぎないように
注意してください。
試験会場ではどちらもないので、、、
せめて過去問を解くときは聞かない!やこの日だけ聞く!
と言う位置付けにとどめておきましょう!

まとめ

メリット、デメリットがたくさんありますが。
いろいろ踏まえて言えることは、やはり
皆さんが自分でそれぞれを試して、確かめて
そして判断したことが最も大切な情報です。
人には個人差が必ずあるので
ネットの記事や科学的根拠があることでも
自分には当てはまらないことも当然あります。
なので、一次情報は大切にしてくださいね。

ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
よろしければ、是非もう1記事読んでいってください!
もし気になった事項がございましたら、
ご質問、ご要望お応えできる範囲でさせて頂きますので、
お問い合わせフォームからお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました